熊本県透析施設協議会

災害情報ネットワークこちらから災害情報ネットワークへ

会長あいさつ

熊本県透析施設協議会 会長 有薗 健二
熊本県透析施設協議会
会長 有薗 健二

 平成29年より熊本県透析施設協議会会長を拝命しました有薗です。本会は、透析施設相互の連絡を密にし、透析医療の充実を図ることを目的として昭和63年に設立されました。現時点で、熊本県内の82透析施設が加入し、透析に関わる様々な情報を共有できるように努力しています。  昨年の熊本地震においても、前会長の久木山先生の指揮のもとで、県内透析施設の被災状況、透析ができない施設の患者さんを他施設で透析を行うこと、透析に欠かせない水の供給などの情報伝達等を行い、結果的に震災による透析難民を生むことなく、透析が施行できたことは、今までの先輩諸先生方の努力の成果と思います。
 透析医療は、医師、看護師、臨床工学技士、栄養士、薬剤師、事務などのチーム医療で成り立っています。最近はこれに加えて、理学療法士、社会福祉士などの参加も必要となってきています。透析治療を受けておられる患者さんのQOLの向上及び適切な医療の提供をめざし、様々な取り組みを行いたいと思います。スタッフの勉強会や研究会の開催、今回の熊本震災をふりかえり災害対策の見直し(できたこと、できなかったことの見直し)、腎不全看護および臨床工学技士会とのさらなる連携などです。また、透析患者さんの会である熊腎協とも連携し、患者さんやご家族にも様々な情報を収集し伝達していきたいと思います。
 透析治療に関わるものとして熊本県透析施設協議会の発展及び会員、透析治療を受けられている患者さんのため努力したいと思っておりますので、ご指導・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

リンク

熊本県臨床工学技士会

熊本県腎不全看護研究会

熊本県透析療法指導看護師会